電子錠

スマートロックは民泊運営の問題を解決できる!

電子錠を持つ手

空き家を民泊として活用したい、アパート経営しているものの空き部屋が多く民泊に転用できないかと検討している方もいらっしゃると思います。規制緩和により空き部屋の有効活用ができるものの、民泊運営ではさまざまな問題もあります。特にカギの受け渡しや紛失などのリスクは軽減できず、チャックインからチェックアウトまでの管理にも手間がかかります。そこで、専門業者に相談してスマートロックを導入しませんか?
電子錠に含まれるスマートロックですが、既存のカギに工事不要で取り付けができます。また、スタンドアロン型の電子錠とは異なり、スマートロックはインターネットを利用しでクラウド管理ができます。アパートを転用した民泊でチェックインやチェックアウトもスマートロックの入退出履歴から管理できます。スマートロックへの利用者登録も予約と前払完了後にアクセス権限が有効になるように設定できます。
また、契約上の利用期間が過ぎた場合は設定切り替えを行うことなく、管理システム側でアクセス権限がなくなります。そのため、同じ部屋を不正に利用されてしまうといった問題もありません。そのほか、スマートロックならカギを紛失される心配もなく、カギ本体を丸ごと交換するといったことも回避できます。民泊のリスク軽減から効率化をスマートロックで実現してみませんか?

CHOICES

UPDATE LIST