電子錠

物理の鍵を用意する必要がない次世代型の電子錠

鍵

電子錠にはオートロック機能が付いており、ドアを閉めた時に自動的に施錠されるようになっています。中にはオートロック機能が付いていないものもありますが、ほとんどの場合に付いている機能です。オートロックなので、締め出されてしまうこともあります。そんな時は、非常解錠キーがついているので解錠することが可能です。
電子錠の中には、カードキーで施解錠できるものがあります。電子錠の読み取り部にカードキーを近づけると、非接触でも作動するという特徴があります。ICチップを使用しているため、スキミングによる複製は行えません。データが消えることもないので、安心して使用することができます。
暗証番号で解錠するタイプでの電子錠もあります。暗証番号を設定して入力しておきます。暗証番号は変更することが可能なため、他の人に知られないように適宜変更することができます。鍵を持ち歩く心配がなくなります。鍵を失くしやすい方におすすめです。
スマートロックは、スマホのアプリを使用して施解錠します。いつもスマホを持ち歩いている方におすすめで、スマホが鍵代わりになります。スマートロックは、スマホを失くしても鍵の開錠が可能です。他のスマホを利用して、IDとパスワードで使用が可能になります。
電子錠やスマートロックを導入したい時は専門業者に相談すると、目的に合った電子錠を提案してくれるのでおすすめです。

電子錠を勤怠管理システムと連携させよう!

入退出管理を行えるツールとして電子錠があるものの、ドアノブやカギを交換するタイプのものはあくまでセキュリティ対策のみというものは少なくはありません。一方、最近話題となっている電子錠すなわちスマートロックは入退出管理やセキュリティ対策、それ以外にも勤怠管理や健康管理などにも活用することができます。そこで、スマートロックを導入する際には専門業者に相談して連携可能なシステムも確認しましょう。
最近話題のスマートロックはクラウド型のものが多く、アクセス権限や入退出履歴などの情報もクラウドサーバーで管理されています。また、勤怠管理システムなどもクラウド型のものが増え、スマートロックは勤怠管理システムとの連携も可能になっています。これまで勤怠管理をタイムカードやパソコン上でのログイン打刻としていた場合、データの取り込みだけでなく、パソコンの更新プログラムのインストールで定時に打刻できないといった問題もあります。
しかし、電子錠を会社の入り口もしくはフロア入り口に設置すれば、会社建屋やフロアに入った時点で出勤時間が管理されます。同様に退勤時間も打刻され、業務繁忙で残業時間を誤魔化される心配もありません。そのほかにも、勤怠時間の管理により残業時間が増加している社員に対してフォローを行えるなど健康管理にも役立てることができます。

電子錠は市販の電池が使えるものと外部給電が可能なものを選択

電子錠のセキュリティ性の高さ、スマートロックの遠隔操作やデータ管理などの付加機能に魅力があるものの、ある問題から導入を断念していませんか?取付工事や導入費用以外に大きな問題とされるのが、バッテリー問題です。バッテリー交換に高額な費用がかかる、バッテリー切れの際にはカギが開けられないといったことを心配していませんか?電子錠の専門業者に相談して安心できるスマートロックを導入してみましょう。
最新のスマートロックはバッテリー問題も改善されています。市販されている単三電池などが使用でき、1年や2年間バッテリー切れの心配がない省電力機能もあります。さらに万が一にバッテリー切れが生じた際でも、解錠不能にならにない構造のものもあります。スマートロックに外部給電を行い解錠できる、カギを使用して物理的に解錠できるなど入室ができないという問題を解決できます。
もし、カギを持っている人の出社が遅いという場合でも、外部給電に使用できる電池はコンビニエンスストアなどでも販売されており、入室後バッテリー交換を行い直ぐに使える状態にすることも可能です。市販の単三電池や単四電池を使用するタイプなら専用電池や充電バッテリーに比べ常備し易く、バッテリー交換時期のアラームが鳴ったらすぐに対処可能です。気になる方は電子錠の取り扱い業者に連絡してみてください。


鍵管理をカンタンでシンプルにするなら【RemoteLOCK】の電子錠の導入をお勧め致します!鍵を何本もコピーして管理することから解放されますよ!

CHOICES

UPDATE LIST